RSSリーダーを使った情報収集

RSSリーダーを知っていて、普段から活用している人には特に面白くもなく、つまらない記事ですが、僕の周りでよく知らない人もいるみたいなのでご紹介。毎日ひとつひとつサイトをチェックしている人には便利なツールなので活用してみて下さい。

RSSリーダーって?

簡単に説明するとサイト、ブログの更新情報を受信し、一覧形式で表示してくれるツールのことです。
あらかじめ更新情報がほしいサイト、ブログを登録しておくと、一定時間ごとに更新があるかどうかをチェックし、更新があれば知らせてくれます。RSSリーダーの種類はいろいろありますが、今回は(たぶん)一番有名なGoogleリーダーの登録方法紹介。

使い方

ログイン
まずはGoogleのホームページから「リーダー」を選択してログイン。

Googleリーダー
ログインするとこのような画面が現れます。
【登録】のボタンを押すとURLの記入を求められるので、チェックしたいサイトのURLを記入。
これで準備は完了。

あとは勝手にリーダーが登録したサイトを常に監視し、更新したらリーダーで知らせてくれます。
【登録フィード】のところに自分が登録したサイトの一覧が表示されます。

ログインするのが面倒、という人はMacであれば、メーラーの「Mail」で同じことができます。
またGoogle Chromeを使っている人であればGoogle Reader Notifierでログインしなくてもチェックできます。
Google Reader Notifier
こんな感じで更新情報数を表示してくれます。

試しにこのホームページを登録してみて下さい(笑)

それからはてなブックマークの人気エントリーあたりで興味のあるブログを登録してみるといいと思います。

2013/03/16 追記:Google Reader Notifierは削除されたようです。便利なのに残念。。

ご不明な点があればお気軽にコメントください( ˘ω˘)

タイムチケットやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバック:https://recost-design.com/191.html/trackback