• Home
  • WordPress
  • 標準の投稿とは別に新たな投稿タイプを作れるプラグイン「Custom Post Type UI」

標準の投稿とは別に新たな投稿タイプを作れるプラグイン「Custom Post Type UI」

WordPress

WordPressではデフォルトで「投稿(post)」「固定ページ(page)」という2つの投稿タイプが用意されています。
「投稿(post)」はカテゴリ、タグ、投稿した時間などブログの記事作成向けの投稿タイプ。
「固定ページ(page)」はページごとのテンプレートを変えたり、親ページ、子ページといった階層構造を持たせることができます。

しかしデフォルトの投稿や固定ページ以外にも投稿機能がほしい時があります。
例えばコーポレートサイトなどでブログとは別に「お客様の声」や「よくあるご質問」を投稿で登録することが出来れば、クライアントの方で簡単に追加することが出来ます。
「お客様の声」や「よくあるご質問」用に新たに作られた投稿タイプをカスタム投稿タイプと言います。

カスタム投稿タイプはfunctions.phpに項目を記述して作ることが出来ますが、Custom Post Type UIというプラグインでfunctions.phpよりも簡単に作ることが出来るので、その作り方を紹介します。

プラグインのインストール

Custom Post Type UI

以下のURLよりダウンロード出来ます。
https://wordpress.org/plugins/custom-post-type-ui/

または管理画面からプラグイン > 新規追加から「Custom Post Type UI」と入力して下さい。

新規カスタム投稿タイプの作成

まずは投稿タイプを追加します。
管理画面からCPT UI > 投稿タイプを追加/編集をクリック

カスタム投稿新規追加

スラッグは必ず英数字を入力してください。これがURLで使われたりWP_Queryでデータを呼び出したりする時に使います。以前はここに日本語を入れると後で削除出来ないという問題が発生していました。ラベルはメニュー項目に表示させる文字を入れて下さい。

WP_Queryでデータを呼び出す方法

これで管理画面に新たにカスタム投稿タイプが追加されました。

カスタム投稿タイプの設定

必要に応じて設定を行います。

アーカイブページの設定

アーカイブページを作成するには投稿タイプを追加/編集 > 投稿タイプを編集の「設定」にある「アーカイブあり」をtrueにして保存します(デフォルトの設定ではfalse)
アーカイブあり

テンプレートの作成

カスタム投稿のテンプレートはファイル名を以下のようにしてテーマフォルダにアップします。

  • single-スラッグ名.php
  • archive-スラッグ名.php

※archiveは「アーカイブあり」をtrueにしないと使えません。

階層構造を持たせる

親ページ、子ページの関係を持たせるには「設定」にある「階層」をtrueにして保存します(デフォルトの設定ではfalse)
階層

いかがでしたでしょうか。
ここでは紹介していませんが、カスタム投稿タイプにカテゴリを付けることも出来ます(これをタクソノミーといいます)
タクソノミーの設定については次回ご紹介します。

Pocket
LinkedIn にシェア

関連する記事

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント *

Name *
Email *
Website