WordPressテーマフレームワーク「Beans」のトップページにschema.org、publisherを追加する

構造化データマークアップされたWordpressフレームワークBeans。

構造化データマークアップされているので、構造化データテストツールでちゃんと構造化されているかを調べてみるとエラーが出る。

構造化データマークアップ エラー

中を見てみると、
「publisher」フィールドの値は必須です。
と出てきました。

構造化データマークアップ エラー

publisherを辞書で調べると

publisher

出版社、出版業者、新聞経営者、新聞社主
引用元:Weblio 辞書

となっています。

ブログでいうと運営元の組織と解釈していいかと思います。
ここではブログのロゴデータを表示させます。

publisherタイプを書く時、以下のプロパティが必要になります。

itemprop 説明
logo https://schema.org/ImageObject
url ロゴのURL
width ロゴの横幅
height ロゴの高さ
name 会社名、組織名

場所はこの位置に設置しようと思います。

ロゴの設置場所

編集するファイルは全部で2つ

テーマフォルダの中の下記のディレクトリに移動します。

tm-beans/lib/templates/fragments

その中で編集するファイルは以下の2つです。

  1. post-shortcodes.php
  2. post.php

post-shortcodes.php

まず専用のショートコードを作ります。

beans_add_smart_action( 'beans_post_meta_publisher', 'beans_post_meta_publisher_shortcode' );

/**
 * Echo post meta date shortcode.
 *
 * @since 1.0.0
 */
function beans_post_meta_publisher_shortcode() {

    echo '<div itemprop="publisher" itemscope itemtype="https://schema.org/Organization">';
    echo '<div itemprop="logo" itemscope itemtype="https://schema.org/ImageObject">';
    echo '<img src="ロゴのURL" />';
    echo '<meta itemprop="url" content="ロゴのURL">';
    echo '<meta itemprop="width" content="ロゴの横幅">';
    echo '<meta itemprop="height" content="ロゴの高さ">';
    echo '</div>';
    echo '<meta itemprop="name" content="会社名・組織名">';
    echo '</div>';

}

post.php

次に表示させる位置を指定します。
98行目あたりにあるfunction beans_post_meta()の中の

$meta_items = apply_filters( 'beans_post_meta_items', array(
  'date'     => 10,
  'author'   => 20,
  'comments' => 30,
) );

の部分に以下を追加します。

$meta_items = apply_filters( 'beans_post_meta_items', array(
  'publisher' => 5,
  'date'      => 10,
  'author'    => 20,
  'comments'  => 30,
) );

これでロゴが表示されるようになります。
構造化データテストツールでもエラーは出なくなりました。

まだmainEntityOfPageの推奨フィールドの警告が残っていますが、こちらは次回。