電子内容証明郵便(e内容証明)で再ログインできない場合の対処法

ある仕事で、内容証明を送る必要があったときに起こった事。

e内容証明について

まず内容証明とは、

いつ、いかなる内容の文書を誰から誰あてに差し出されたかということを、差出人が作成した謄本によって当社が証明する制度です。
引用元:https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/

誰にいつ送ったのかを郵便局が証明してくる特別な郵便、と言ったらいいでしょうか。
(この記事ではメリットとか出し方については省きます)

内容証明郵便をインターネット上から送ることができるのが電子内容証明郵便(e内容証明)ですが、非常に使いにくい。

具体的には、

  • e内容証明のテンプレートをダウンロードして利用しないといけない
  • Macから現状ほぼ送信不可能
  • Word2016で作らないといけない(Word Onlineではダメ)

とまぁお役所の環境に合わせろと言わんばかりの仕様。

Macの人はとりあえず諦めてネットカフェとかでWindowsから送ってください。
けっこうあらゆる手を尽くしましたが、最終的に僕はできませんでした。

この文句をe内容証明で送ってやろうかと思ったけど、それをするにもまたネットカフェに行かないといけない。。

今回困ったこと

一度ログインして利用した後に、再度ログインしようとすると「既にログイン済みです。詳しくは「よくあるご質問」の「各種トラブル」「その他」を参考にしてください。」と表示されてログインできなくなってしまう。

しかもよくあるご質問にはまとまも回答されておらず解決できない。

一応30分後に再度ログインしてと促してきますが、30分待てど一向にログインできない。

解決方法

とりあえず強制的にログアウトにする必要があります。
まず既にログイン済みの画面が表示されたら、下記のURLをコピーして、再ログインできないと表示されているブラウザのアドレスバーに貼り付けてください。

https://e-naiyo.post.japanpost.jp/enaiyo_kaiin/enaiyo/enkn410/engm411

すると「予期せぬ操作をしました。 操作をやりなおしてください。」と出てきます。

その後、ログイン画面に戻り、再度ログインを試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA