淀川花火大会のボランティアに参加してきました。

2016/4/13更新

昨日は第24回なにわ淀川花火大会の救護スタッフのボランティアに参加。
(ちなみにボランティアは初体験)

救護スタッフは主に熱中症なので倒れたりされた方をタンカで救護所まで搬送する役割。
僕のいた真教寺救護所は幸いにも平和でタンカの出動は一回もなし(笑)

といっても何にもしていなかったわけではなく、救護所の前で主に道案内。

内容は9割が
①「○○スタンドはどこですか?」
②「トイレはどこですか?」
花火が終わると
③「携帯or財布を拾ったんですけど・・・」
④「携帯or財布を落としたんですけど・・・」

ちなみに真教寺救護所はメイン会場から1km東。開始10分前にチケットをもってウロウロしてた人はまず会場にはたどり着けていない。人ごみが凄まじくて1km進むのにおそらく1時間は有にかかるだろうし。

あとは酔っぱらいがわけわからんことを言ってたな。
「おにぃちゃん、財布の中の金がなくなってん!」知るか!!

ご不明な点があればお気軽にコメントください( ˘ω˘)

タイムチケットやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバック:https://recost-design.com/36.html/trackback