良いものを長く使う

2016/3/28更新

DSC01626

最近は引っ越しと海外生活に向けて準備の毎日。海外生活についてはまた後日書こうと思います。

先週末は自宅で新年会を行いました。
みんなで鍋をつつき、飲んで、笑って、とても充実した時間を過ごせました。
今の家での最後のいい思い出になりました。改めて来てくれたみんなありがとう!

新年会の最中、新たな旅立ちにと帆布のバッグをもらった。
帆布は丈夫で通気性がある天然素材。買った当初は少し硬めだが、使っていくうちに柔らかくなり馴染んで味わいが出てくる。

サブバッグにちょうどいいサイズで試しにデジカメ、財布を入れてみたところ、バッグ内にしきりがないのでデジカメと財布がぶつかるのが気になった。この2つだけならまだ大丈夫かもしれないが、それ以外も入れるとデジカメが傷だらけになる気がしてた。

正直、こういうのはけっこう気にするタイプ。
ということでデジカメケースを買いに行くことに。

近所の100均に行き、いろいろ見て回るがこれといったものがない。
しばらく見て回っていると、ふと思った。
「本当にここで買うのがいいのか?」

帆布は丈夫で、長く使えば使うほど味が出てくる。
しかし100均の商品はボロで壊れやすい。買った当初は帆布の方がコスト的に高いように感じるが、長期的に見れば、すぐに壊れやすい100均のケースを何回も買い直し、そのたびに買いに行くのは、時間的、金銭的に高くつくのではないのか。それならもっと違うものを考えた方がいいのではないか、と。

そう思い買うのをやめた。家にいい柄の布があったのでデジカメはそれで包むことにした。
デジカメだっていつ壊れるかもわからない。そのたびにケースを買っていたら、それこそ無駄な買い物になってしまう。

最近安易に安物買いをする癖がついていたけど、帆布のおかげでその癖に気づく事ができた。いいものをもらった!ありがとう!

ご不明な点があればお気軽にコメントください( ˘ω˘)

タイムチケットやってます!

トラックバック:https://recost-design.com/489.html/trackback