固定ページごとに独自テンプレートを設定する方法

WordPress

WordPressの固定ページは通常のテンプレートとは別に、そのページ独自にテンプレートを作成・設定することが出来ます。

メリット

例えばこんな状況の時はメリットがあります。

  • 特定のページだけカラム数が異なる
  • 特定のページだけデザインを変えたい
  • phpを中に書きたい

などです。

独自テンプレートの作り方

やり方は2通りあります。続きを読む

標準の投稿とは別に新たな投稿タイプを作れるプラグイン「Custom Post Type UI」

WordPress

WordPressではデフォルトで「投稿(post)」「固定ページ(page)」という2つの投稿タイプが用意されています。
「投稿(post)」はカテゴリ、タグ、投稿した時間などブログの記事作成向けの投稿タイプ。
「固定ページ(page)」はページごとのテンプレートを変えたり、親ページ、子ページといった階層構造を持たせることができます。

しかしデフォルトの投稿や固定ページ以外にも投稿機能がほしい時があります。
例えばコーポレートサイトなどでブログとは別に「お客様の声」や「よくあるご質問」を投稿で登録することが出来れば、クライアントの方で簡単に追加することが出来ます。
「お客様の声」や「よくあるご質問」用に新たに作られた投稿タイプをカスタム投稿タイプと言います。

カスタム投稿タイプはfunctions.phpに項目を記述して作ることが出来ますが、Custom Post Type UIというプラグインでfunctions.phpよりも簡単に作ることが出来るので、その作り方を紹介します。

続きを読む

WordPressでトップページや特定のページに自在に記事を表示する

WordPress

今でこそ、Wordpressについて少しはわかるようになったと思いますが、最初の頃は記事の一覧を表示させるだけで苦労しました。

僕はブログよりもコーポレートサイトを作る機会が多いのですが、Wordpressでコーポレートサイトを構築する時、例えば「お知らせ」というカテゴリを持った投稿のみをトップのある部分に表示させたいことがよくあります。また普通のループ処理とは別にある条件の投稿一覧を複数表示させたいということもあります。

ということで今回はWordpressのループ外に投稿一覧を表示させる方法をご紹介します。

続きを読む

Sketch.appでわかりづらい日本語フォント一覧を選びやすくする方法

sketch

Mac向けのWebデザインツールで「Sketch」
Webデザイン向けに作られていて、ページ管理やアートボードに優れている上にPhotoshopより軽量でとても使いやすいのですが、海外で開発されたツールだけあって機能がすべて英語です。
特に使いづらいと思うのが、フォントを選ぶ時。
続きを読む