BackWPUpでWordPressのバックアップをMAMPに復元する

mamp_wordpress

WordPressのバックアップ内容を自由に設定でき、定期的に自動バックアップをとってくれるWordpressプラグイン「BackWPUp

個人的に一番うれしいのが、バックアップデータの保存先を選べること。
FTPにも保存出来るけど、なるべく分散しておきたいので、筆者はDropboxにバックアップデータを自動で保存されるように設定している。

バックアップを自動で行ってくれるのは安心できるが、いざ何か問題が起こった時にすぐに復元出来るのかと、ちょっと心配にならないだろうか。その時に慌てないために練習をしておきたいところ。

ということで今回はMacのローカル開発でよく使うMAMPにBackWPUpでとったバックアップデータを復元してみたいと思います。
ちなみに当サイトは独自SSLを行っているんですが、それによってつまずいた問題も紹介したいと思います。

続きを読む

エックスサーバーの無料独自SSLをWordPressに設定する方法

xserver_wordpress

2016年6月30日からエックスサーバーの全プランで独自SSLの無料提供が開始しました。
https://www.xserver.ne.jp/news_detail.php?view_id=2767

SSLにすることでサイト上で通信される情報が暗号化され、SSLになっていないサイトと比べて安全にデータの送受信が行われるようになります。

WordPressは基本的にブログとして使われることがほとんどですが、プラグインによってコーポレートサイトやネットショップとして使っている人はデータも安全に扱わなければなりません。
またWordpressはオープンソースなので、ハッキングされるリスクも自然と高くなります。それ防ぐためにもセキュリティ的に安心なSSLは導入した方がいいでしょう。

続きを読む

iPhoneでデベロッパーツール(Webインスペクタ)を使う方法

Webインスペクタをオンに

ホームページのコーディングをする時、表示が崩れている箇所をすぐにチェック出来るデベロッパーツール。どこがおかしいのか簡単にチェック出来る上、CSSをブラウザ上で修正、コンソールなども確認出来る便利なツールですが、iPhone上でもこのデベロッパーツールを使うことが出来るのでその方法を紹介します。

続きを読む

CSSで下線じゃなくマーカー風にテキストをハイライトする方法

テキストを目立たせたい時、よく文字サイズや文字色を変えたり、下線を付けたりします。
リアルの紙の場合、よく蛍光マーカーで色を付けたりしますが、あれをborderでは再現できません。

以前はbackground-imageを使って専用の画像を作っていましたが、CSS3の「linear-gradient属性」を使うことで、画像を使わずCSSだけで見せることが出来るので紹介します。

蛍光ペンでマーキングしたように見せることが出来る「linear-gradient属性」

transparentのパーセントを変えることで下半分だけマークすることも出来ます。

誤った情報を作らないために。WordPressの投稿に更新日を表示する方法

WordPress

togetterでこんなまとめを見つけました。

ネットの記事は今後「誤った情報」が爆発的に増えるかもしれない、というお話が話題に「確かに思い当たる」

当時では「正しい情報」が、時間が経つにつれて「誤った情報」になるのは当然かもしれません。Web技術の情報などは、バージョンによって使える使えないといったこともあります。

「正しかった情報」にならないために、なるべく記事を更新するようにすることは重要なことですが、更新日があるとユーザも投稿の信憑性を判断しやすくなります。

WordPressの投稿に更新日を表示する

WordPressで更新日を表示させる場合、以下のように書くことで投稿の最終更新日を表示させることが出来ます。

もし投稿作成日と投稿更新日が異なる場合、更新日が表示されるようになっています。